滑川市と介護問題

滑川市での介護人口とは

富山県滑川市における介護人口について

国の天然記念物でもあるホタルイカで知られる富山県滑川市は、県の東部に位置し、近年ではその地域性からベットタウンの特徴を持つ市となっています。総人口は2005年の34,00人をピークとして年々減少はしているものの、現在においても32,719人の人口規模を持ってます。現在、全国でも問題となっているものの1つに少子高齢化があります。富山県滑川市においても同様となっており、総務省によるデータを基にした場合、2010年では総人口に対して65以上の割合が24.5%となっており、全国平均の22.8%と比べて高い数値になっています。2015年においては、それぞれ、28.0%、26.8%となり、ここでは、全国平均値に若干近づいています。富山県滑川市では、高齢者に関するデータを発表しており、2011年では1人暮らしの高齢者世帯数を1.293世帯としています。これは、全世帯数の11.2%に該当し、2007年の1,090世帯数から毎年増加をしています。富山県滑川市の65歳以上の人口は、2011年においては8.280人となり、その中の介護が必要とされる人数は1,.439人となっています。2009年までは認定率が16%程度で推移をしていましたが2010年には16.8%となり、2011年で17.3%に増加をしています。その中でも要介護5が最も多く、2011年では305人が認定されています。

滑川市での役立ち情報

新着情報

↑PAGE TOP